マーズランキングは100位?ドイツ班エヴァフロストのベースとは

この記事は2分で読めます

エヴァ・フロスト テラフォーマーズ

週刊ヤングジャンプにて絶賛連載中の

『テラフォーマーズ』。

敵だらけの火星で生き延び、再び燈達の

前に姿を現したエヴァですが、彼女のベース

とは一体どういった生物なのでしょう?

ということで今回は班長アドルフが率いる

第5班の班員のエヴァについてまとめて

みました。

sponsored link

【エヴァとは】

エヴァ 2話

名前:エヴァ・フロスト(cv佐倉綾音)

誕生日:6月29日

年齢:18歳

星座:蟹座

血液型:B型

身長:162㎝

体重:54kg

所属班:ドイツ・南米第5班

マーズランキングは100位。

 

スタイル抜群で金髪ロングヘアが特徴。

ネガティブな発言などが非常に目立つ。

しかし班長のアドルフが倒れた際には、人為

変態もせずテラフォーマーに立ち向かうと

いうような勇敢な一面も持っている。

アドルフの体内に仕掛けられた爆弾が作動

した事により生死は不明となっていたが、

窮地に陥った膝丸達の前に再び姿を現す。

 

【ベースの生物について】

エヴァ プラナリア

これまでに難度の高いベースの手術を受けた

のはエヴァではないかと予想されていた方も

多くみられましたが、その通りでしたね。

ちなみに私の予想ではエヴァのベースは、

「モンゼンイスアブラムシ」という昆虫では

ないかと予想していました。

エヴァというのは当たっていたのですがベース

の生物が違いました。

 

その答えですが、難度の高いベースとは

「プラナリア〈別名ウズムシ〉」

という生物でした。

このプラナリアとは面白い生物で、2つに

切ると2体のプラナリアとなり3つに切れば

3体のプラナリアとなるようです。

(例えば上半身だけになると下半身が再生。

逆もまた同様。)

切断前の記憶が残存しているのではないかと

いう説もあるそうです。

なおプラナリアは日本にも多く生息している

ようですね。(川の上流など)

一部では害虫とし嫌われている模様。

プラナリア半端ないです。

 

【感想・まとめ】

第5班といえばあまり目立った事もなく退場

となったのでエヴァの再登場にはかなり痺れ

ました。

そう痺れるといえば彼女はアドルフの能力

を引き継いでいましたが、あれはつまり

爆発した際にアドルフと混ざって能力を

引き継いだと言うことで良いのでしょうか。

 

どうなるにせよ今後のエヴァの活躍には

期待がもてそうです。

そして現在生き残っているメンバー達には

地球に生還してもらいたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. G
  2. 魔猿 黒狗
  3. 冴羽 シャンイン
  4. H×H ヒソカ
  5. 比古清十郎
  6. プリズンスクール アニメ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored links

カテゴリー