律子先生が壁ドン!地獄先生ぬーべー6話の重大発表の内容とは?

この記事は2分で読めます

桐谷美玲 壁ドン

真倉翔さん原作の人気TVドラマ
『地獄先生ぬ~べ~』。

今回放送されたのは第6話。

今回はぬーべー、ゆきめ、律子先生の

これまでとは違った表情が見られ非常に

楽しめたのではないでしょうか。

そして前回のラストに告知のあった重大

発表の内容とは?

今回放送された6話の評判や感想、重大

発表の内容についてまとめてみました。

sponsored link

【評判について】

ぬーべー6話

これまでの放送でも笑いあり、涙ありで

色々な方向から視聴者を楽しませてくれた

本作ですが、今回はどうだったのでしょう?

ネットでの反応は、

「最近壁ドンよく見るな。ひつこいで!
うそ桐谷 美玲に壁ドンされたい」。

「お歯黒怖すぎやろ!!!なんかデカくね」。

「小豆洗い?あいつ会話邪魔しやがってw」。

「なんか雪女がいい感じに思えてきた
どうしよう…」。

「オリーブ妖怪をもっと出せ~」。
などなど。
非常に好評のようですね。

今回でさらに桐谷さんのファンが増えたの

ではないでしょうか?

あのような美人の先生がいるなら学校を

サボる生徒(特に男子)が激減する事は

間違いなさそうですね。

 

【重大発表の内容について】

A ぬーべー2

さて今回発表のあった内容についてですが、

ぬーべー連載当時、子供達にトラウマを植え

つけたであろう話の一つ「A」がTVドラマに

やってくるとのこと。

そしてこの「A」役を演じるのが、明石家

さんまさん。

 

(Aについて)
子供ばかりを惨殺している連続殺人犯。

子供ばかりを狙う理由として広が曰く、

「子供の悪戯で店が全焼し、自身も全身に
大火傷を負ったことから」。

このAの存在については、子供達には隠して

おり、Aが現れた時には大人だけで対応する

ようにしている。

Aの出す質問に対して、「青が好き」と

答えると溺死に、「白が好き」と答えると

体中の血を抜かれ、「赤が好き」と答える

と血まみれにされて殺される。

とこんな感じです。

しかしAが人間だったのか妖怪だったのかは

謎のままです…。

 

【感想・まとめ】

重大発表の内容が打ち切りとかじゃなくて

本当に良かったです。

まさか恐怖の「A」の話がドラマでも

見られるとは思いませんでした。

ですが、ドラマであの恐怖を再現することは

可能なのでしょうか?

非常に気になるところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. のぶコン
  2. 佐野ひなこ 細川美樹
  3. 冴羽 シャンイン
  4. 阿部寛 世にも
  5. いずな 管狐
  6. ジンタ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored links

カテゴリー